セブンアンドワイ
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
スポンサード リンク



ARCHIVES
CATEGORIES
長女は最近死にたい
感情分裂障害の長女は、最近「死ぬしかない」と言います。

どうも、薬を減らして原疾患がでてきたようです。
頭がすっきりし、いろいろ考えられると、ますます、過去のことに拘って、また何もできなくなってしまうと言う、繰り返しです。
諦められればいいのですが、諦められない所が病気のようです。
自分でも、どうしようもないので「死ぬしかない」と思うようになったようです。

それでも、もうすでに、死に体です。
セカンドオピニオンの先生からは、
「もう死んでしまっているのと同じだから、もう少し自殺は待ったら?
 自殺すると地獄に行くから、死んだ後の方が苦しいよ。」
と言われました。
いまは、うつ状態なのでじっと待つしかないようです。

長女も、それで自殺するのは少し延ばす気になったようです。
今日は、遅刻ですが、ディケアに行きました。


怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
レイ モイニハン, アラン カッセルズ, Ray Moynihan, Alan Cassels, 古川 奈々子
| セカンドオピニオン | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
長女は薬を抜いても変わらない
分裂感情障害の長女は、セカンドオピニオンに聞いて昨日からまた薬を減らしてます。

夕べから、デパケンRを寝る前だけにし、夕食後を抜いてみました。
今日は、主治医の「研ナオコ」の日です。あいかわらず、「研ナオコ」は薬を減らしているのに気づかないようです。
長女は、今日は自分で起きて、文句を言わずに出かけ、さっき帰ってきました。
薬を抜いても、いまのところ、何と言うことは無いようです。

このまま減らせれば、もう一歩前進です。
もう少し様子を見てみます。

怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
レイ モイニハン, アラン カッセルズ, Ray Moynihan, Alan Cassels, 古川 奈々子
| セカンドオピニオン | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
長女の原疾患が整理されてきた
今日は、分裂感情障害の長女をセカンドオピニオンに連れて行きました。

薬を減らして副作用は、殆どなくなってきたのですが、「思い出し怒り」が「思い出し悩み」に変わってきたことを、セカンドオピニオンに指摘されました。薬を減らしたせいです。
本人は、「思い出し悩み」で、前より辛くなってきたといっていますが、周りで見ている限り表情も豊かになり、先生にいろいろ意見するうになってきて、だんだん人間らしさが戻ってきたようです。
先生は、今の薬の量でしばらく様子を見ようといいましたが、長女が食い下がるので、デパケンを減らして様子を見ることになりました。
薬の減らし方は、素人には解かりませんので、良い先生を見つけなければなりませんね。

これで、また、もう少し様子を見てみます。

怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
レイ モイニハン, アラン カッセルズ, Ray Moynihan, Alan Cassels, 古川 奈々子
| セカンドオピニオン | 20:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |