セブンアンドワイ
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
スポンサード リンク



ARCHIVES
CATEGORIES
成年後見人制度は難しい
世田谷さくら会主催の家族教室「成年後見人制度について考えよう〜親亡き後について考える〜」を聞いてきました。
子供が精神疾患の場合、親が死んだ後はどうなるんだろうと、誰でも心配になります。面倒を見てくれるしっかりした兄弟や親戚がいれば心配要りませんが、遺産などが絡むとちょっと心配です。
成年後見人制度については、法務省に成年後見制度がありますが、よく解かりません。
お話によると、元々認知証の財産管理や契約代行を目的にした法律ですので、精神疾患に当てはめるのは、無理があるそうです。百人一からげというわけには行かず、場合場合によって使い方を考える必要があるとのことです。わたしも、今回のセミナーを聞いただけでは、概要しかわかりませんでした。もっと、勉強する必要がありそうです。
後見人は、本人の代弁者という位置づけで、ヘルパーでは無いそうです。柱は、「身上監護」と「財産管理」です。ヘルパーなどが必要な場合、他に考える必要があります。また、法定後見人の場合、一度選任すると解任できませんので、どの人に後見人になってもらうかは、長い時間かけ本人も信頼できる関係になってからでないと、上手く行かないそうです。時間がかかりますので、後見人を考えている人は、早い時期から目星を付けつきあう必要があります。
さくら会では、定期的な後見人制度の勉強会を計画しているようですので、もし、勉強会が始まったら、参加することをお奨めします。

くらしの相談室 成年後見Q&A―支援を必要とする人々のために
くらしの相談室 成年後見Q&A―支援を必要とする人々のために
長谷川 泰造
| 福祉・障害者サービス | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
認知症、知的障害、精神障害の為の期間限定「生活応援テレフォン」
認知症、知的障害、精神障害のある方が、いきいきと自分らしい暮らしができるような仕組み作りを考えるために、期間限定で「生活応援テレフォン」が実施されます。
心配事や、解からない事があったら、電話してみましょう。
福祉・法律のプロが答えてくれます。

次のとおりです。

  実施日時:平成19年12月14日(金)・15日(土)
  午前10時〜午後5時
  TEL:0120−611−860(フリーダイヤル)

主催 社会福祉法人 東京都社会福祉協議会
協力 東京弁護士会、成年後見センター・リーガルサポート東京支部、
   東京社会福祉士会、ぱあとなあ東京、東京都知的障害者育成会、
   認知症の人と家族の会東京支部、東社協センター部会、
   東京都精神保健福祉連絡会、東社協区市町村社会福祉協議会部会
後援 東京都(予定)
実施に関する問い合わせ
  東京都社会福祉協議会 地域福祉部 地域福祉担当
  TEL:03−3268−7186



怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる
レイ モイニハン, アラン カッセルズ, Ray Moynihan, Alan Cassels, 古川 奈々子
| 福祉・障害者サービス | 11:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
長女の世帯分離
感情分裂障害の長女は、自立支援で通院医療費を免除されていましたが、私が会社を辞め同じ国保になってしまったため、自立支援での上限が月上限は5,000円になってしまいました。
国保は、世帯主毎に保険の番号が決められます。したがって、同じ家に住んでいても自分を世帯主にすれば、国保の番号が変わります。長女も、自分を世帯主に変えました。これで、今までと同じように月上限はありますが、通院医療費を免除されることになりました。よかった。
世帯分離のデメリットは、よくわかりませんが、余り無いようです。しいて言えば、世帯分離したことにより、国保の支払いが発生まします。年間2万5千円程度です。世帯が、国保であればどうせ人数ごとにこの費用は発生しますので、関係ないようです。世帯が会社の社会保険の場合は、家族の会社から補助が出たり扶養家族手当てなども出ますので、世帯分離したほうが良いかどうかは場合によるようです。役所に聞いても、いろいろな部署が絡んでくるので自分の部署に関連するとしか説明できないようです。わからない場合は、福祉関係の人に聞くのが一番よいようです。世帯分離しても、不都合があれば直ぐ戻せますので、わからない場合は試してみても良いかも知れません。
境界性人格障害と思われる妻は、今日は朝から攻撃モードです。ネットサーフィンというのがありますが、妻の場合は「嫌々サーフィン」と思われます。一つ嫌な事があると、次から次へと嫌だったことが想い出され、サーフィンの様に止まらなくなるようです。それでも、調子がいいときは可愛いのですよ。
| 福祉・障害者サービス | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
長女の自立支援の上限が上がってしまった
感情分裂障害の長女は、自立支援で通院医療費を免除されていました。
自己支払額の月上限は5,000円でしたが、市の補助があったらしく今までは全く支払う必要がありませんでした。ところが、自立支援をもらって1年経ったので再申請すると、上限が2万円になってしまったようです。2万円だったら月々全額を払うような形になり、自立支援の意味が殆どなくなってしまいます。原因は、私が会社を辞め長女と同じ国民健康保険になった性のようです。長女が世帯主を私にしているので、家族の収入で自立支援の上限が決まったようです。
上限を低くするには、長女の世帯分離をすれば良いようなので、これから調べてみようと思います。
境界性人格障害と思われる妻は、ちょっと調子が悪いです。「人に責められているのに、あなたはちっとも判ってくれない!!かばってくれない!」と引きこもっています。私も、かばいたいのは山々ですが、一緒にいても妻が「責められている」と感じることが、後で聞くまでわかりません。駄目な夫です。
| 福祉・障害者サービス | 13:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |